電験三種試験に最適な参考書は? 独学で難しい方には通信教育が最適

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電験三種に挑戦する方は、参考書選びがとても重要です。独学で勉強しようと思っている場合、参考書選びで迷うことがありますよね。電験三種の参考書は幅広い内容が掲載されているため、自分のレベルに合うものを覚えておくと安心です。

本記事では、電験三種の参考書についてご紹介します。

  1. 電験三種の試験について
  2. 電験三種の参考書について
  3. SATの教材をご紹介
  4. 電験三種でよくある質問

この記事を読むことで、電験三種の参考書についてよくわかります。試験合格を目指す方や参考書の活用方法を知りたい方は、参考書選びに役立ててください。


1.電験三種の試験について

まず、電験三種の特徴や試験科目などについてご紹介します。

1-1.電験三種の特徴

電験三種とは、電気主任技術者のことです。電気の知識と技術があることを示す国家資格で、有資格者は発電所・変電所・ビルなどの電気設備の工事や保守などを扱う保安監督を行うことができます。受験資格は定められていないため、年齢・学歴・性別を問わず、誰でも受けることができるのも特徴です。

1-2.試験科目

電験三種の試験科目は、大きく分けて4つの科目から出題されます。理論・電力・機械・法規です。理論では、電気や電子理論・電気や電子の計測について出題されます。電力は、発電所や変電所の設備・運転に関する事項および送電線や配電の設計などについての問題です。機械分野では、電気機器や電気化学に関する内容となっています。法規は、保安に関する電気法規などが出題対象です。

1-3.出題傾向

1-2でご紹介したとおり、電験三種の試験は4つの科目から出題されます。4分野すべてに計算問題があるのが特徴です。例年、過去問と同じ問題はでませんが、試験問題をよく見ると類似したものは出題されています。しっかり過去問を繰り返し勉強しておけば、試験では有利に働くでしょう。

1-4.難易度

電験三種は、難易度が高い試験です。1科目あたり60%の得点を取得できれば合格します。科目別に合否が決まるのも特徴です。とはいえ、極端に得点が低い科目がある場合、不合格となるので注意してください。また、電験三種は、以前より難易度が高くなってきています。しっかり勉強をしておき、試験に備えましょう。

2.電験三種の参考書について

電験三種は、過去問などを繰り返し解くのに加え、電気関連の公式なども覚えなければなりません。どのような参考書が適しているのでしょうか? おすすめの参考書をご紹介します。

2-1.過去問が掲載されている

独学で試験に挑む場合、参考書と過去問の勉強は必要です。電験三種の試験を受ける前に過去問をおさらいしておき、出題傾向や難易度を把握しておきましょう。

2-2.知識がないと理解しにくいのが参考書のデメリット

電験三種の参考書は、比較的電気に関する知識を持った人向けのものが多くなっています。そのため、初心者にはわかりにくい部分があるのがデメリットです。電気の知識をいちから学べる参考書もあるので、電気の知識をしっかり身につけてから勉強を始めたら、スムーズに学ぶことができるでしょう。

2-3.参考書のタイプ

電験三種の参考書は、書店で販売されています。過去問に重点を置いたもの以外にも、基礎知識習得に力を入れているものがあるのが特徴です。参考書には、フルカラーの図表・4科目セットになっているものなどがあります。今は、通信教材も選ばれており、レベルに応じた参考書が届くため、自分に合った勉強ができるのがメリットです。

2-4.参考書選びは自分のレベルに合ったものを選ぶこと

参考書は、自分のレベルに合うものを選ぶことが重要です。2-3でご紹介したとおり、参考書にはたくさんの種類があります。初心者向けなのか、ある程度電気関係の知識を得ている方向けなのかにより、選ぶ参考書が異なるのです。内容や難易度をしっかりチェックし、最初からハイレベルなものを選ばないようにしてください。

2-5.おすすめの参考書を紹介

ランキングで評価が高い電験三種の参考書をご紹介します。

  • 電験三種 徹底解説テキスト(実教出版。初心者〜上級者まで幅広く対応している。図解でわかりやすいのがメリット)
  • 誰でもわかる電験参考書シリーズ(誰でもわかる電験参考書研究会。初心者〜中級者向き。電気関係の知識がない方にもおすすめのシリーズ。ただし、電子書籍に限られてしまうのがデメリット)
  • 電験三種 これだけシリーズ(電気書院。中級者〜上級者向き。内容が最新のものではないのがデメリット。中級者以降のある程度学力がある人に適している)
  • 電気三種 やさしく学ぶシリーズ(オーム社。中級者向け。簡易的な参考書が欲しい場合に適している)
  • 完全マスター電験三種受験テキスト(オーム社。中級者〜上級者向け。説明と解説がとても詳しくわかりやすいのがメリット。ただし、中級者以上の知識があることが前提の参考書であるため、初心者向けの参考書と併せて学ぶことが必要)

2-6.参考書の活用法

電験三種の参考書を購入している方は、活用法と勉強のポイントを覚えておきましょう。参考書には、問題集型・活用型・辞書型があります。まず、活用型で基礎知識を学んでから、問題集型で例題を解いてください。辞書型は、活用型で学びながら、わからないところを調べるのに使うことができます。問題集型には過去問も掲載されているため、受験の参考になるでしょう。しかし、電験三種は難易度が高いため、どのタイプも満遍なく勉強するのがポイントです。

3.SATの教材をご紹介

初心者の方は、何から学べばいいのかわからないというケースが多いでしょう。通信教育で資格を取得する方法もおすすめです。

3-1.通信教育のテキストについて

通信教育のテキストは、基礎学習に重点を置き、着実に合格へ向けた勉強ができるように構成されています。わからない点があれば、メールでいつでも質問ができるのも通信教育のメリットです。独学では、基礎を学ぶ段階でつまずくことがあります。しかし、通信教育ならきちんとサポート体制が整っているため、スムーズに勉強を進めることができるでしょう。

3-2.SATの通信教育は基礎から最短で合格できるようになっている

SATの通信教育は、テキスト・DVD・スマホでの音声学習がセットになっています。スマホでMP3形式の音声ファイルをダウンロードすれば、ちょっとした空き時間を利用して勉強でき、合格に近くことができるでしょう。基礎学習から始めても、最短で合格できるのが通信教育の魅力です。テキストはフルカラーでわかりやすくなっています。教材は、毎年更新されているので、常に最新の内容を学ぶことができるのもメリットです。また、30日間の返金保証がついており、誰でも利用できる質問サポートや不合格時に延長して学べるなどのフォローもあります。安心して通信教育を始めてください。

3-3.自宅ではテキストとDVD・外出先では音声視聴で学ぼう

SATの通信教育では、2つの方法で勉強ができます。3-2でご紹介したとおり、音声ファイルをスマホでダウンロードできるため、外出先では音声視聴で学びましょう。自宅でテキストとDVDを使ってしっかり勉強し、音声ファイルで復習する方法がおすすめです。

4.電験三種でよくある質問

電験三種を受験する方は、不安や疑問を感じることがあります。よくある質問を集めました。ご一読ください。

Q.電験三種の試験で計算機を使うのは許されているのか?
A.はい、計算機の使用は可能です。ただし、関数計算ができるものは使用できないので注意してください。

Q.電験三種の合格率はどのくらいなのか?
A.電験三種の合格率は年々下がってきており、5〜10%程度となっています。総合点がよくても、1科目が平均点以下だと不合格になってしまうため、バランスよく点を取ることを目指しましょう。

Q.電験三種の試験はいつごろなのか?
A.電験三種に試験は、毎年9月の第一日曜日です。年1回なので、しっかり準備して試験に臨みましょう。資格試験の申し込みが始まるのは、5月中旬から6月上旬ごろです。試験の申し込み時期を必ずチェックし、忘れないように注意してください。

Q.電験三種の試験はどのような形式なのか?
A.電験三種の試験は、マークシート方式です。五者択一なので、試験の形式に慣れるためにも、過去問などを繰り返し勉強しておきましょう。

Q.過去問とはまったく異なるものが出題されることもあるのか?
A.はい、あります。過去問の反復練習はとても大事です。しかし、基礎がしっかり根づいているかを試す問題が多いため、過去問と同じ問題が出題されることはありません。

まとめ

電験三種は、年齢・学歴・性別を問わず、誰でも受験することができる資格です。とはいえ、電気関係の知識が必要になるため、初心者は基礎からしっかり学ぶようにしましょう。参考書で独学する方法もあります。しかし、独学でつまずく方は、通信教育を利用し、最短で資格試験合格を目指しましょう。 SATの通信教育はとても充実しているのに加え、30日間の返金保証がついています。お気軽にお問い合わせください。