カテゴリー:電気主任技術者試験 合格ガイド

電気主任技術者が不在になった場合の罰則は? 資格取得方法と共に解説

事業用電気工作物を設置している施設の多くは、電気主任技術者を選任し、電気工作物の自主点検を行うよう法律で義務づけられています。しかし、「選任していた電気主任技術者が退職してしまい、後任が見つけられない」といったケースもあるでしょう。しかし、電気主任技術者がいつまでも不在のままだと、罰則があります。

今回は、電気主任技術者の選任義務や選任のルールについて解説しましょう。

  1. 電気主任技術者の選任義務について
  2. 電気主任技術者が不在の場合の罰則について
  3. 電気主任技術者の資格取得方法
  4. 電気主任技術者に関するよくある質問

この記事を読めば、電気主任技術者の資格取得方法も分かります。電気主任技術者の選任義務について知りたい人や資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電気主任技術者試験対策

電気主任技術者の手当はいくら? 資格取得の方法とポイントを解説!

「電気主任技術者に手当はつくのか?」「手当はいくらぐらいなのか」など、電気主任技術者の手当で悩んでいる方は多いでしょう。電験主任技術者は、電気工作物の工事ができる唯一の資格です。この資格がなければ電気工作物の工事ができないため、電気設備に関連する職場では大いに役立ちます。有資格者が少ないからこそ、重宝され、資格手当を支給している職場が増えているのです。本記事では、電気主任技術者の手当や資格取得方法について説明します。

  1. まずは電気主任技術者の基本情報を知ろう!
  2. 電気主任技術者の手当はいくら?
  3. 電気主任技術者の資格を取得する方法
  4. 電気主任技術者に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気主任技術者の手当相場と資格取得のポイントが分かります。気になっている方や取得を目指している方は、ぜひ参考にしてください。


電気の資格にはどんな種類がある? 今取得するべき資格はコレ!

「電気の資格を取得したいが、どれがいいのだろう」「今、取るべき資格を知りたい」とお考えではないでしょうか。電気の資格は多数あり、どれを取得するといいのか迷いますよね。まずは、それぞれの特徴や取得した場合のメリットなどを詳しく知ることが大切です。そこで今回は、電気の資格の種類について詳しく解説します。

  1. 電気関連の資格について
  2. 電気の資格にはどんな種類がある?
  3. 電気の資格で難易度が高いものは?
  4. 電気の資格を取得する方法
  5. 電気の資格に関するよくある質問

この記事を読むことで、電気の資格にはどんな種類や特徴があるかよく分かり、必要な資格を習得する準備ができます。まずは、記事を読んでみてください。


電気主任技術者の実務経験証明書とは? 書き方や注意点を詳しく解説!

「電気主任技術者の実務経験とはどんなものか」「実務経験証明書の書き方を知りたい」とお考えではありませんか。電気主任技術者の資格を認定により取得したい場合は、実務経験証明書が必要になります。まずは、実務経験と認められる範囲や実務経験証明書の書き方などを正しく理解することが大切です。今回は、電気主任技術者の実務経験証明書について詳しく解説します。

  1. 電気主任技術者の実務経験とは?
  2. 電気主任技術者の実務経験証明書について
  3. 電気主任技術者の実務経験証明書の書き方
  4. 電気主任技術者の実務経験証明書に関するよくある質問

この記事を読むことで、電気主任技術者の実務経験証明書ついてよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。


工場で電験の資格を活用した仕事を解説! 資格取得で行える仕事とは?

電気主任技術者(以下、電験)は事業用電気工作物の保安監督を行うことができる国家資格です。有資格者を求めている職場は数多く、工場からの求人もたくさんあります。「電験の資格を活用して工場に就職したいので、どのような仕事をするのか知りたい」という人もいるでしょう。そこで今回は、電験を活用して工場で働く場合の仕事内容を中心に、電験を取得する方法などを紹介します。

  1. 工場で電験に求められる役割や仕事内容
  2. 工場ならではの電験の仕事
  3. 電験と電気工事士の違い
  4. 電験資格の取得方法
  5. 電験に関するよくある質問

この記事を読めば、電験を取得するメリットなども分かります。電験取得を目指している人も、ぜひ読んでみてくださいね。


電気主任技術者に関する違反や罰則を解説! 注意ポイントはコレ!

電気主任技術者は、事業用電気工作物の保安業務を行うことができる国家資格です。事業用電気工作物を設置している施設では、電気主任技術者による自主点検が必要なので、有資格者の需要は高くなっています。そのため、昇給・昇進・転職のために取得を目指す人も多いでしょう。電気主任技術者の職務は責任が重大なので、関わる仕事に対する罰則も定められています。今回は、電気主任技術者の職務を罰則中心に解説しましょう。

  1. 電気主任技術者の職務と選任義務について
  2. 電気主任技術者の仕事に関する違反と罰則について
  3. 電気主任技術者の資格取得方法
  4. 電気主任技術者に関するよくある質問

この記事を読めば、電気主任技術者の資格取得方法も分かります。電気主任技術者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電験三種試験に最適な参考書は? 独学で難しい方には通信教育が最適

電験三種に挑戦する方は、参考書選びがとても重要です。独学で勉強しようと思っている場合、参考書選びで迷うことがありますよね。電験三種の参考書は幅広い内容が掲載されているため、自分のレベルに合うものを覚えておくと安心です。本記事では、電験三種の参考書についてご紹介します。

  1. 電験三種の試験について
  2. 電験三種の参考書について
  3. SATの教材をご紹介
  4. 電験三種でよくある質問

この記事を読むことで、電験三種の参考書についてよくわかります。試験合格を目指す方や参考書の活用方法を知りたい方は、参考書選びに役立ててください。


電験三種の資格を活用して転職先を探したい! 方法や注意点を紹介

電験三種は、電気関係の資格の中でも需要が高いものとして有名です。「資格を取得して、転職に役立てたい」と考えている人も多いと思います。しかし、電験三種の資格を活用すると、どのような転職先があるのかご存じでしょうか? 今回は、電験三種を活用できる転職先や転職する際の注意点を紹介します。

  1. 電験三種は人手不足
  2. 電験三種を活用できる転職先について
  3. 電験三種の資格取得方法
  4. 電験三種や転職に関するよくある質問

この記事を読めば、電験三種の試験についてもよく分かるでしょう。電験三種を取得し、転職に役立てたい人はぜひ読んでみてくださいね。


電験は併願可能? 併願の方法やメリット・デメリットを解説

電験は1~3種まで3つの資格区分があります。「可能ならば、1年に複数の資格区分を受験したい」と考える人もいるでしょう。また、電験は科目合格が認められているので、あと1科目で合格する場合などは「ついでに第2種や第1種も受けておきたい」と考える人もいると思います。

そこで今回は、異なる資格区分の電験を併願する方法やメリットを紹介しましょう。

  1. 電験の併願のメリット・デメリット
  2. 電験の併願方法
  3. 勉強方法のコツ
  4. 電験の併願に関するよくある質問

この記事を読めば、併願がおすすめのケースなどもよく分かります。電験の併願を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


認定で電験3種を取得したい! 試験との違いやメリットは?

「電験3種を認定で取得したい」と考えている人はいませんか? 電験3種は転職や就職に大変役立つ資格ですが、試験はとても難しく、合格率が10%未満の年もよくあります。そのため、「可能ならば試験を受けずに電験3種を取得したい」と思っている人も多いことでしょう。しかし、条件さえ満たせば無条件に認定を受けられるわけではありません。

今回は、電験3種を認定で取得する方法とそのメリット・デメリットを紹介しましょう。

  1. 認定で電験3種を取得する方法
  2. 試験と認定の違い
  3. 電験3種を認定で取得するまでの流れ
  4. 電験3種の認定に関するよくある質問

この記事を読めば、2つの取得方法の違いや認定を受けるまでの流れもよく分かります。電験3種の取得を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。