カテゴリー:電気主任技術者試験 合格ガイド

電気主任技術者試験対策

マイクロ波加熱の知識ならおまかせ!原理や特徴を徹底解説します!

電子レンジで食品を温めることができるのは、マイクロ波加熱の原理を利用しているからです。今回は、マイクロ波加熱の原理や特徴について詳しくお話しましょう。

  1. マイクロ波加熱の原理を学ぼう!
  2. マイクロ波加熱の特徴は?
  3. マイクロ波加熱の注意点を確認!

マイクロ波加熱について詳しい知識を身に付けたい場合は、この記事を参考にすると良いでしょう。


電気主任技術者試験対策

電気主任技術者の仕事内容や年収はどのくらい?どんな働き方がある?

電気主任技術者は就職だけでなく転職にも有利ということで、社会人の受験者が多い資格です。しかし、実際の仕事内容や年収についてはよく分かっていないという方も多いでしょう。

そこで今回は、電気主任技術者の資格を持っていると就ける仕事や平均年収をご紹介します。せっかく資格を取得したのならば、それを生かした職に就きたいものです。そのためには、電気主任技術者の資格を持っていると出来ることをしっかりと把握しておきましょう。ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 電気主任技術者とはどのような資格?
  2. 電気主任技術者の難易度はどのくらい?
  3. 電気主任技術者の仕事内容や平均年収は?

電気主任技術者ってどんな仕事をするの?


電気主任技術者試験対策

電験3種の試験日程・実施頻度は? 勉強のスケジュールを立てるコツ

電気関係の資格の中でも、電験3種は受験資格なしで受験できる数少ない試験です。そのため、受験を考えている方も多いでしょう。では、電験3種の試験日程はどうなっているのでしょうか? 合格するためには、試験日程を把握し、スケジュールを立てて勉強する必要があります。

そこで今回は、電験3種の試験日程や申込み方法・試験結果の発表の方法についてご紹介しましょう。社会人で資格試験を受ける場合、自分ですべての手続きをする必要があります。いくら一生懸命勉強したとしても、手続きを忘れてしまえば受験できません。この記事を読んで、しっかりと試験の申込み方法を把握してください。

  1. 電験3種とはどんな資格?
  2. 電験3種を受験するまでの流れ
  3. 合格発表について
  4. よくある質問

電気主任技術者試験対策

直流電動機の原理や種類は?メリット・デメリットについて知ろう!

「直流電動機」は携帯電話や玩具類、電気鉄道、エレベーターなどさまざまな場所で使用されています。私たちの生活においても身近な電動機と言えるでしょう。電験3種試験問題にも出てくる直流電動機について詳しく説明します。直流電動機の原理や種類、使用用途、特徴など一緒にチェックしていきましょう。電験3種試験のために勉強している方は、ぜひ参考にしてください。

  1. 直流電動機の原理
  2. 直流電動機の種類
  3. 直流電動機の用途とメリット・デメリット

電気主任技術者試験対策

アルカリ蓄電池と鉛蓄電池の違いは? 特徴とともにご紹介します!

蓄電池とは、繰り返し充電できる電池のことです。携帯電話のバッテリーなども蓄電池の一種になります。蓄電池にはアルカリと鉛という二つの種類があるのです。

そこで今回は、この二つの違いや用途をご説明しましょう。蓄電池には、私たちの身の回りで使うものと、高電圧受電設備の中で使われる鉛製のものがあります。この二つはどのように使い分けられているのでしょうか?

答えは、この記事を読めば分かります。電験三種など電気に関わる資格を取得したい方もぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 蓄電池とは?
  2. アルカリ蓄電池と鉛蓄電池のそれぞれの特徴や用途は?
  3. 鉛蓄電池とアルカリ蓄電池の使い分けの方法
  4. 高電圧受電設備の点検で気をつけたいことは?

電気主任技術者試験対策

圧縮機の仕組みや種類は?どのような役割があるの?

圧縮機とはコンプレッサーともいい、気体を圧縮して送りだす装置の総称です。送風機、圧縮機、排風機、真空ポンプは基本的に同じ機械と思ってもよいでしょう。工場などには、欠かせない機械です。

そこで今回は、圧縮機の種類や仕組みをご紹介しましょう。圧縮機は、その用途によって構造が異なります。工場などで使われていることも多いので、電験3種を取得した方も目にすることが多いでしょう。電験3種の取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 圧縮機(コンプレッサー)とは?
  2. 圧縮機の種類は?
  3. 圧縮機の役割は?
  4. 圧縮機に不具合が起こるとどうなるのか?

圧縮機はどのような役割があるの?


電気主任技術者試験対策

ウランを濃縮する方法が知りたい! 何種類くらいあるの?

私たちの生活になくてはならない電気、その電気を作っているのが発電所です。発電は決して複雑なことをするわけではありません。蒸気の力でタービンを回すだけです。

今回は、蒸気を作るエネルギーのひとつ、ウランの濃縮方法についてご紹介しましょう。ウランは、皆様がご存じのように原子力発電を行う際の核燃料になります。ウランは天然の鉱石ですが、そのままでは使えません。電験3種など電気系統の資格を受験する方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. ウランとは?
  2. ウランを濃縮する方法は?
  3. 濃縮の結果何ができるの?

電気主任技術者試験対策

電験3種に合格するには過去問が重要? 効率良く合格するためのポイント

電験3種は、電気に関わる資格の中でも人気が高い資格です。電験に限らず、資格の勉強をするときに大切なのが過去問です。資格の中には、過去問の焼き直しが毎年出題されるので、過去問を暗記していれば合格できるというものもあります。では、電験3種はどうでしょうか?

今回は、電験3種の過去問の勉強方法についてご紹介します。過去問をどのように利用すればより効果的に勉強ができるのでしょうか?

  1. 電験3種とはどんな資格
  2. 資格試験で過去問が重要視される理由は?
  3. 電験3種と過去問について
  4. 電験3種の過去問の利用方法
  5. 過去問を使った有効な勉強方法

電気主任技術者試験対策

【解説】絶縁体の材料の種類は?どんなものが使えるの?

絶縁体とは、電気を通さない物質の総称です。絶縁体が無ければ、電気はあちこちに流れていってしまい、使いこなすことはできません。ですから、電気設備の歴史は絶縁体の発達の歴史でもあるのです。

今回は、絶縁体の種類や材料についてご紹介します。最も身近な絶縁体は、空気やゴム、そしてビニールです。コンセントにも絶縁体が使われているので、私たちは安全に使えます。

では、そのほかにはどんな絶縁体があるのでしょうか? 答えは、この記事を読めば分かりますよ。

  1. 絶縁体とは?
  2. 絶縁体の種類や材料は?
  3. 絶縁材料の選び方

電気主任技術者試験対策

電験3種を取得したい方必見! 仕事内容や年収について徹底解説!

就職や転職のために資格を取得しようと考えている方は多いでしょう。そんな方に人気の資格のひとつが電気主任技術者。通称電験です。1種・2種・3種の三種類があります。電験の受験資格はいらないので、誰にでもチャレンジできます。特に3種は、1種・2種に比べて取得しやいため人気があり、若い方だけでなく年配の方も受験する方がたくさんいるのです。

そこで今回は、電験3種の仕事内容や年収をご紹介しましょう。電験3種の試験内容は、決して飛び抜けて難しいわけではありません。しかし、独学で勉強するとなるとなかなか大変です。仕事内容や年収が分かれば勉強のモチベーションにもなるでしょう。電験3種の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 電験3種とはどのような資格?
  2. 電気工事士と電気主任技術者の違いは?
  3. 電気主任技術者の仕事内容と年収は?

電験三種とはどのような仕事